移動支援事業 《移動支援事業のサービス内容》

単独では外出困難な障害者(児)が、社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動や社会参加のため、外出時にヘルパーを派遣させて頂き、必要な移動の介助及び外出に伴って必要となる介護を提供させて頂くサービスです。

ご利用方法

【移動支援事業利用者証をお持ちのお客様】
サービスの利用を希望するお客様は、移動支援事業利用者証をご用意のうえご連絡下さい。

【移動支援事業利用者証をお持ちでないお客様】
サービスの利用を希望するお客様は、市町村の窓口に申請をお願いします。
市町村の窓口に申請に行けない場合は、当法人にご連絡下さい。

対象地域は、太田市、大泉町、桐生市など太田市近郊です。

※車両をご利用の際は、交通費は、別途かかります。

ご利用負担額について

利用者負担には上限があります。
●障害福祉サービスの定率負担は、所得に応じて負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。
●移動支援での外出に車輌を使用する場合は、別途交通料金がかかります。

移動支援をご利用いただけるお客様

屋外の移動が一部介助以上であり、次のいずれかに該当する場合、移動支援がご利用頂けます。
(お客様が、行動援護及び重度訪問介護の対象にならない場合に限ります。)

《身体障がい者(児※)》

○全身性障がい
上肢及び下肢に障害が認められ、身体障障がい者手帳の肢体不自由の総合等級が1級程度の方

○視覚障がい
視覚障がいに係る身体障がい者手帳を所持している方(障がい福祉サービスの同行援護が優先されます。)

《精神障がい者(児※)》

○療育手帳を所持している方

○児童相談所又は知的障害者更生相談所で知的障がいの判定を受けた方精神障がい者(児※)

○精神保健福祉手帳を所持している方

○自立支援医療(精神通院)を受給されている方

※ 未就学児は原則として移動支援の対象となりません。
(これは、未就学児の外出にあたっては社会生活一般において保護者が同伴するものであり、単独で社会生活上不可欠な外出や余暇活動等に参加することは想定できないためです。)

お問い合わせ下さい。

お電話対応時間:月曜日〜金曜日(8:30〜17:30)

powered by crayon(クレヨン)